リアル鳩Cafe

Twitterで沢山の方をフォローしていますが、一番拝見していて考えさせられるのは政治家のみなさんの発言ですね。そんなに政治に興味があったわけではありませんが、生の声を見るようになってからは政治家の皆さんの大変さと一生懸命さに驚くと同時に、常に前向きな発言に僕自身大いにインスパイアされています。

そんな中、鳩山首相からリアル鳩Cafeのご案内が(↓は中略です)。 


月1日にブログを始めたときからお知らせしていましたとおり、首相官邸に何組かのお客さまをお招きするリアルな官邸茶房「鳩カフェ」を、いよいよ開催いた
します。私は何事も「現場」が大事だと考え、国民のみなさんといろんな形で直接お話をしたいと願ってきました。この「鳩カフェ」は、その一環として、今後
も大事に育てていきたいと思っています。

第一回は、これからの日本を担う子どもたちの育つ環境などについてご意見をお聞きしたいと考え「子育てカフェ」としました。子育て中のお母さん、お父さんから多様なご意見をお伺いできればと思います。
官邸内に、託児の施設も用意します。どうぞお子さん連れでご参加ください。

「鳩カフェ」は、これからも継続して行い、「介護カフェ」「学生カフェ」「職人カフェ」など、様々なテーマで、いろいろな年齢層の方々とお話ができるよう、工夫をしていきたいと思います。「こんなカフェを開いて欲しい」というアイデアも募集していきます。

また、東京だけでなく、日本各地に伺った際も、出張版の「鳩カフェ」を開催できればと願っています。みなさん、ぜひ、ご参加をご検討ください。

 
【国民と政治の距離を近づけるための民間ワーキンググループより】
この「鳩カフェ」は、従来の対話集会やタウンミーティングと異なり、参加者同士があるトピックについて対話を進めていただき、その輪の中に総理も参加するという形式をとります。
そこで私たちは、「鳩カフェ」を運営していく上での、いくつかのルールを考えました。

  • 意見の発表を強要されることはありませんし、結論を出す必要もありません。ただ、対話を積み重ねることで、日本が、より風通しのいい国になっていけばいいなと思います。
  • 「一般的には」「普通は」という話し方ではなく、「私はこう思う」といった自分自身の意見や体験にもとづいた話し方をしてください。
  • 総理も、「鳩カフェ」の参加者の一員です。みなさん、総理に質問したいことがたくさんあるとは思いますが、それだけに集中しないように注意してください。
  • 発言はできるだけ分かりやすく簡潔に。他の人の話は遮らずに最後まで聞いてください。
  • コーヒー、紅茶、日本茶と、お菓子を用意しました。みなさんも、総理も、セルフサービスでお願いします。

http://hatocafe.kantei.go.jp/2010/01/20100129.html

このような取り組み、素晴らしいですね。Twitterとかやってる場合ではないという評論家の方もいますが、財政政策・金融政策と同様に国民との距離を縮めるのはとても大事だと思います。経済政策は、首相の一存で決まるものではなく、関係省庁や日銀や様々なステークホルダーが絡むために時間がかかります。それに比べて、首相をはじめとした政治家の皆さんの生の声をちょっとTwitterを使うだけで聞けるし、普通に政治家の皆さんにメッセージを届けることができる。素晴らしいことだとは思わないのでしょうか。

文句ばかり言う人に限って行動が伴わないもの。評論ばかりしている人は、おそらくこの先もずっとどんな日本になったとしても文句しか言わないでしょう。そういう人はもう無視して政治家の皆さんには頑張ってほしいです。そして、「国が何もやらないから・・・」というのではなく「自分たちもなんとかしよう」と思える国民でありたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です