結婚式アカペラ~セロリ~

4/10に行われた知人の結婚式でアカペラ余興をやってきました。2曲やったうちの一曲をUP。
やっている本人たちはとても気持ちいいのですが、こうやって客観的に見るとまだまだな部分もたくさんありますね。リズムのメリハリ、グルーヴ感、コーラスとリードのバランスなどなど。これからも毎週練習(&飲み)し、楽しみながら少しずつ上達したいと思います。
 アカペラを披露するのは、友人から依頼をいただいて結婚式でやることが多いです。やり始めたころは、歌うのが楽しくてとにかくよく聴こえるように歌うので精一杯でした(いまも音をとるのは結構苦労します)。ですが、最近は特に「歌や歌詞にこめられた意味」を考えて歌えるようになりたいと強く思うようになりました(歌心ってやつですかね?)。自分の結婚式でいろいろな方の事を考えて歌った経験がそうさせているのかもしれません。
 たとえば動画にもある「セロリ」。この歌詞ってとても深いなぁと思います。「男と女で違う部分もあるし、生まれも育ちも違うし、いろんな違いがあって当たり前。そんな違いを踏まえても単純にすきなんだよねー」って感じかなーと(山崎まさよしさんのプロモーションビデオは、水着女子と戯れている映像なのであんましその辺が伝わってきませんがw)。
 お付き合いをしていたり、夫婦生活を送っていく中で必ず合わない部分や衝突は起きます。でもお互い別人なんだから当たり前。それも踏まえて好きでいればいいんじゃない?って余裕を持てれば、衝突が起きても「おぉ、こういう見方するんだー」って新たな発見という捉え方もできると思います(もちろん程度はありますけどw)。
今後歌い続けていく中で、歌の作者がどのような思いをこめたかをもっともっと考えながら歌いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です