大塚家具~この「人」からまた買いたいと思わせる接客~

BED

先週の土曜日、ベッドを買いに出かけました。
実は我が家、新婚にもかかわらずシングルベッドに二人で寝るという挙を
半年以上続けており、ようやく窮屈だということに気づいたのであります。(遅っ)
色々ネットで検索しましたがやっぱり見てみないと分からんということで
新宿にある大塚家具にでかけました。
特に大塚家具を選んだのに理由があったわけじゃありません。
単に
「ショールームが大きいからたくさん寝心地を試せるだろう。」
「良いのがあったらネットで探して安いの買おう」
と考えておりました。
しかし、結果的に大塚家具で買ってしまいました(マットレスだけですが)。
大塚家具といえば、電車の中吊り広告にデカデカと高価な商品を表示しているあれです。
買うどころか、店に行くこともないだろうと思っていました。
でもそんな僕が買ってしまいました。なんででしょう?
その理由は、値段もさることながら丁寧で行き届いた接客があったからです。
1.入店から退出までひとりの店員が接客してくれる責任感
  入店時、すぐに店員のひとりが声をかけてくれました。
  ベッドを見に来た旨を伝えると、エレベーターで該当フロアまで
  案内してもらえるだけでなく、そこからずっと相談に乗ってくれます。
  僕らの要望は、セミシングルを2台というちょっとニッチなもの。
  そもそもの品揃えの数自体あまり数も多くないのもあり、
  一つ一つ細かい点まで説明してもらうことができました。
  コイルの巻き数、密度、詰め物、高さ、その他もろもろによって
  何がどう変わってくるかまで。
  予算感を伝えていたのも良かったのかもしれませんが、
  かなり細かい僕の質問にもご自身の経験も交えて丁寧に答えていただきました。
  会計処理や伝票の作成も個別にテーブルで実施。
  手書きの丁寧な伝票と、一つ一つ間違いのない説明。
  
  入店から退出まで、お一人の店員さんにずっと対応していただきました。
  社員の人件費は企業側からするとものすごいコスト要因のはず。
  しかも僕らの買ったマットレスは、最安値の品でした。
  にもかかわらず一貫して丁寧な対応。身が引き締まる思いがしました。
  入り口から最後まで案内してくれるという事は、どのフロアの商品でも
  ひとりで対応できるということ。素晴らしいと思います。
2.こちらの要望を色々と引き出してくれる話のうまさ
  マットレスは実際に寝てみないとわからないもの。
  ですから多くの家具屋さんでも寝て試せるようになっています。
  上記したように、とても丁寧な説明をしていただきました。
  でもそれだけでなく、僕らが忘れていた枕などの付属品まで
  いいタイミングでおすすめしてくれました。
  単純に客単価が上がるからそうしただけかもしれませんが、
  そう思わせない絶妙なタイミングだったんですよね。
  このタイミングはなかなか出せないと思います。
3.製品ラインだけでなく、価格帯も広い品揃え
  大塚家具といえば、僕らだけでなく他の方も「高い」というイメージでしょう。
  たしかにターゲット顧客は富裕層かもしれません。
  しかし、一度行ってみたら幅広いプライスラインの商品があることがわかります。
  店員の方はどの商品でも丁寧に説明してくれるので安心です。
4.絶妙なタイミングでのアフターフォロー
  平成20年事例Ⅱの温泉宿事例ではないですが、手書きのお礼状が送られてきました。
  (さすがに毛筆ではなかったですがw)
  ひとまずの購入のお礼といったところでしょうか。
  でも、手書きとそうでないのでは圧倒的に受け取る印象が違いますね。
  実際に受け取ってみてわかります。
今回の買い物で今までの大塚家具の印象が全然変わりました。
インテリアとか部屋作りって、自分でやるのがとても楽しいですよね。
色使いや配置を考えるてる時間もわくわくするものです。
でも家具そのものが持っている品質とか、機能については
やっぱり家具屋さんの助けを借りたほうがいいと思います。
高価な家具ならなおさら。
ちゃんと家具を選ぶ必要がある場合は是非一度行ってみてください。
とても満足できると思います。
見習わなければなぁと思うポイントもたくさんありましたw