iPhoneとAndroidの違い

僕の手元には、ガラケー1台、iPhone1台、Androidケータイ1台、合計3台のケータイがあります。元々、会社のケータイとプライベートと合わせてガラケー2台持ちでした。1年半ほど前にiPhone3GSを購入して3台持ちに。さらに先日会社のケータイをAndroidに変更したので晴れてこれで流通している大きな種別で全種を手元に持っていることになります。
さて、晴れてAndroidケータイが手に入ったわけですが、使ってみてiPhoneとの歴然とした差があることを痛感しました。何か一箇所が大きく欠落しているわけではないんです。画面変更の時の動き、次に何をすればいいかが直感的に分かるかどうか等、極端に言うと全てにおいて何かが足りていない印象です。
ちょっと事後的にその背景を考えてみました。
iPhoneはアップルコンピュータが全て自前で作り上げています。もちろん中の部品は世界各地の部品メーカーから調達しているのでしょうが、中のCPUとかメモリとかその他スペックが話題に上がることはありません。それだけiPhoneとしての統一性が保たれているということでしょう。
一方、Andorid端末はOSこそ世界のGoogle製ですが、携帯電話単体で見ると色々なメーカーがつくっています。また、OS自体もオープンなので各メーカーが改変を加えています。
製品アーキテクチャの切り口で見ると、iPhoneはインテグラル型、Android端末はモジュール型の製品と言ってしまってもよい気がします。
Androido端末は様々なオープン技術の組み合わせで成立しています。それ故、OS自体、HWスペックタッチパネル、その他様々な箇所に使いづらさの原因が存在し得ます(もちろんiPhoneも部品で構成されているので構造的には同じですが、すり合わせの度合いが違うと思われます)。
それに比べ、iPhoneは製品としての一体化度が高い。OS、HW、パッケージ、その他ソフトウェア(アプリ)等が連動して、使いやすさを実現しているように感じます。洗練された高級車に乗っているような感じと言ってもいいかも。
Appleのすごいところは、オープンかつモジュール型があたりまえのデジタル業界に、インテグラル型を持ち込んだ事かもしれません。デジタル部品自体に差別化要因は存在しづらく、それゆえにデジタルなものはどこまで行ってもモジュール型だというご意見もあるでしょう。しかしそうは言っても、Appleの製品が製品としての統一性が高いのは事実です。しかも、やれ性能がどれだけ上がったとか、消費者から見たらオーバースペックな部分ではなくとことん「エンドユーザの使いやすさ」を追求している。すりあわせを重視しないとこれだけのことは出来ないと思います。
おそらく、iPhoneがすごすぎるのでしょうが、後発のAndroidはiPhoneを追いかけ追い越すことがやり安いはず。Androidにはその点をクリアしてもらいたいですね。
ただし、Androidがどれだけ進化したとしても、端末を作る側がエンドユーザ価値を追求しなかったら宝の持ち腐れ。ということで、NEXS Oneの国内発売に期待したいんだが・・・・・既得権益やらなんやらで難しいんだろうなぁ(そういやNEXS Oneも家電メーカー製か・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です