ドラクエ展にいってきましたぞ

スライム

2次試験も終わり、崩れていた体調もようやく回復してきた本日、
六本木ヒルズで行われているドラゴンクエスト展に行ってまいりました。
ドラクエⅠが発売されたのが1986年。今年でもう25年になるんですね。僕はこの作品の、特に勇者ロト伝説の世界観が大好きで、昔の作品がリメイクされるたびに買ってやりこんでいました。Ⅵ以降は実はあまり記憶に残っていないのですが、全作品(現在Ⅸを借りてやり込み中)ちゃんとプレイした、れっきとしたドラクエファンです。
イベント内容は、展示してあるものをずっと見ていくだけかと思っていたのですが、ところどころに人気モンスターの撮影スポットがあったり(館内は通常撮影禁止)、イベント(詳細後述)があったりと、ドラクエを知っている人なら絶対に楽しめる内容になっています。
中でも、ドラクエを企画した時代背景とか、企画書や設計書の資料(手書き)とかの展示は、僕らのような社会人目線で見るととても勉強になるものでした。しかし、ドラクエ1が半年で企画から開発まで終わったっていうのに驚いた・・・。そしてその8ヶ月後にあの壮大なストーリーのドラクエⅡを発売したってのに更に驚いた・・・。
他にも、堀井雄二さんが書いたキャラクターデザインのラフスケッチ(正直半端なくヘタで笑える)から書き起こした鳥山明さんのキャラクター原画の展示や、社会現象を巻き起こしたドラクエⅢ発売時の新聞記事や、グッズ販売などなど、楽しめるポイント満載でした。
ちなみにイベントというのは、入場者の中から各職業(入場の際に職業を決める)1名ずつ選ばれ、各職業にふさわしい武器を渡されて、それをブンブン振り回して竜王を倒す、というモノ。これ、詳細は↓に書いてあるので割愛しますが、見てる周りの人は正直恥ずいっすw
欲を言えば、すぎやまこういちさんのゲーム音楽のコーナーをもうちょっと増やして欲しかったかなぁ。。
入場待ち時間も土曜の昼間で5分程度だったので、混雑具合もそこまで大したことはありません。入場している年齢層は、20代後半〜40代の、ファミコンでのドラクエにはまった世代が一番多い感じでした。あちらこちらから懐かしむ声や、キャラクターやストーリーについて語りだす声が聞こえてきて、そういうのに耳をかたむけるのも一興でした。
昔ハマった人なら、このイベントは一人でいっても全然大丈夫です。4人とかで行ってしまうと周りが気になって展示に集中できないかも。。あと、ドラクエをよくご存じない人はぶっちゃけ行かないほうがいいです。展示内容はわかんねーわ、周りのトークがコア過ぎてついていけねーわ、イベントは恥ずかしいわで、拷問レベルだと思うのでww
こういうイベントはちょっと尻込みしてしまう性格なのですが、何も考えず純粋に素直に楽しめました。こういうイベントでガンダム展とかあったら絶対に行くんだけどなーww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です