スタジオジブリ大丈夫か?

某テレビ番組で、スタジオジブリの面々がジブリの裏やら表やらを語っていました。普通に見たら「やっぱりジブリってすごいなぁ」と感じることでしょう。しかし、僕はちょっと違った感想を持ちました。
それは、「スタジオジブリ大丈夫か?今後衰退していくのではないか?」です。
その理由は以下の通りです。
1.企画書も予算書もない企画を組織で行うには長期的には無理があること
  ジブリには企画書や予算書がないという話がされていました。
  出演者は「え!?すごいですね〜!」という反応。
  確かに「紙に一行書いただけ」や「一枚の絵のみ」を企画として
  そこからイメージをふくらませる芸術的センスは素晴らしいです。
  しかしちょっと考えてみましょう。様々な人々が関わる製作現場で
  それがいつまでも続くでしょうか?
  一人が何役もこなして全員が高い能力を持っている組織の黎明期であれば
  それでうまく行くかもしれません。しかし現在は有名になった作品から20有余年。
  組織としては成熟期を迎えて、様々な人材が入り乱れているはずです。
  企画に対し賛同する人もいれば、異を唱える人も当然いるでしょう。
  そんな中で、「こんな感じでよろしく」的な企画が通るでしょうか?
  ちょっと考えにくいと僕は考えます。
  芸術の世界なので、生産現場でいいう職人技がモノを言うのは勿論
  だと思います。しかし、上記のようなスタンスで職人技や芸術センスが
  確実に伝承し新しいものが生み出されるとは正直考えづらいと思います。
2.古参がいつまでも前面に出てきており後継者育成ができているか疑問なこと
  番組に出ていたのは、鈴木敏夫さん、宮崎吾朗さんともう一人。
  鈴木さんは宮崎駿、高畑勲と並んでスタジオジブリ黎明期のメンバー。
  そして、気難しい宮崎・高畑両氏の仲介役的存在。
  
  出演者の話から出てくるのは、宮崎駿、高畑勲の凄さや、それを反映した
  数々の作品の特徴など。さすが「ジブリアニメ」というより「宮崎アニメ」
  と言われるだけあって、黎明期のメンバーの武勇伝は聴き応えがありました。
  しかし、僕が感じたのは「古参メンバーの話、古い作品の話題しか出てこない」
  です。カリオストロの城、ナウシカ、トトロ・・・いずれも20年以上前の作品。
  近年の作品とその作品の指揮を取った人の話はないの?と思いませんか?
  ゲド戦記は注目されましたよね。
  僕は「宮崎駿さんの息子さんが監督だから注目された」という見方でしたけど。
  最近最も注目され、人気もとても高い「千と千尋の神隠し」や「崖の上のポニョ」
  は、
  ・原作・脚本・監督:宮崎駿
  です。大御所による渾身の一作です。まぁ、注目されて当然ですね。
  (情報元はWikipediaですが・・・)
  消費者の嗜好多様化でアニメ映画の注目度が下がり、それで近年の作品や
  監督に注目されていないだけ、という見方もできるとは思います。
  しかし、そうすると「千と千尋〜」の人気の高さの説明が難しくなります。
  ジブリ特集になると出てくるのは、古参メンバーの武勇伝と彼らが関わった
  (主に古い)作品。DNAを受け継いだ若い後継者の関わった作品は出てこない。
  古参メンバーが、自分たちの想いやノウハウをちゃんと後継者である
  若いメンバーに浸透させているか疑問です。
  今は過去の遺産で稼げるでしょうが、古参も高齢者。あと5年後、10年後は
  どうなっているかわからないと思います。
誤解をしないで欲しいのですが、僕は宮崎アニメが大好きです。風の谷のナウシカにいたっては、原作まで全巻読んでます。だからこそ、その魂を脈々と受け継いで欲しいという思いがあります。
また、本エントリはテレビを見ていて考えついたことを書いているだけであり、特になにか根拠があるわけではありません。もしかしたら編集の関係で、最近の作品についての話がカットされただけかもしれません。ですから、ただの一意見と思って読んでいただければ幸いです(論理構成や読みやすさもいまいちですが・・・)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です