マッキンゼーの人のリーダーシップ

採用基準
採用基準 伊賀 泰代

ダイヤモンド社 2012-11-09
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見るby G-Tools

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア 結果を出すリーダーはみな非情である 外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック スタンフォードの自分を変える教室 ハーバード流宴会術 

かの「ちきりん」ではないかと噂される方の著書だったので読んでみました。中身を一言でまとめると、「マッキンゼーではこのようなリーダーシップが求められる」といったものです。
読んでよかった点としては、
・リーダーシップを持つことによるメリットが具体的にわかったこと
・今の日本に不足しているリーダーシップに対する危機感を持つことが出来たこと
です。
一方で、ちょっと残念だった点もあります。それは、書籍の論調が下記のように受け止められたことです。
・今の日本はこれだからダメなんだ
・これから求められるリーダーシップをマッキンゼーでは普通に実践している
書籍の名前が「採用基準」であり、基準を示すのがこの本の目的だとすると上記論調でも良いとは思うのですが、自分がもし執筆する立場であれば、「ではどうしたらよいのか」まで踏み込みたいと考えます。
勘違いしてはいけないのは、マッキンゼーで実践されているリーダーシップを一人が発揮しても、他のメンバーがついて来なければ全く意味が無いということです。穿った見方かも知れませんが、僕は本書からは「マッキンゼーでは全員が全員リーダーシップを求められる環境だから、リーダーシップが全員に行き渡る」と解釈しました。例えば、マッキンゼー出身の人がたった一人で古くからある日本のメーカーに転職したとします。そこでマッキンゼー流のリーダーシップを発揮しても、おそらく空回りするだけでしょう。周囲からは「一人で勝手に頑張ってろ」という目で見られる可能性だってあります。
別にこの実態が良いと言っているわけではなく、正直そのような日本企業の組織風土自体は大問題だとは思います。しかし、これが日本企業の現実だとも思います。この現実に対してどのように取り組んで行くかについては、本書では言及をされていません。
過去に僕は「遅い人に合わせる」という内容を書いたことがあります。ここに書いてあるように、リーダー自身が他のメンバーを動機付け、脱落しないように後ろから支えつつプロジェクトを進めていく形が必要なのではないかなぁと再確認した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です