本を読むときの留意点

2015年も始まり、一年の目標や計画を立てた方も多いのではないでしょうか。

中には読書を目標にあげている人もいらっしゃることでしょう。

 どのような読書の目標を立てていますか?

ここでは一旦ビジネス書に絞って話をしてみたいと思います。
ビジネス書を読む際にポイントとなるのは、「読書で何を得たいか?」です。
小説であれば、「ワクワクした」「感動した」などの情緒的な感情で十分でしょうが、ビジネス書は一般的に「読むことにより何かしら自身のスキルアップに繋がること」が目的になります。

これは私個人の考えですが、ビジネス書は読んだだけではスキルアップにはつながりません。人間は忘れる生き物ですから、よほど頭がいいか、あるいはよほど内容が読者にとって衝撃的でない限り、読んだ内容も普通は2,3日したら忘れてしまうのです。
このことをわかっておらず、ただただ本の冊数を伸ばすことや、カテゴリを増やすことを目標にしてる人、結構います。

ではどうやれば読書の内容がスキルアップに繋がるか?

それはもう書いてある内容を読んだすぐ後から実践してしまうこと、これに尽きます。
すぐに実践が難しいような書籍であれば、本の内容を自分自身で他人に説明できるようになるまで読み込んで、自身の地肉として初めて、「スキルアップのスタートラインに立った」といえます。

私は、本は読みながらevernoteにポイントとなる部分や解釈をどんどん書き出すようにしています。

読書を目標にしている方は、一度見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です