カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

体罰騒動に見るスポーツでの言語技術

女子柔道日本代表の監督が体罰問題で辞任しました。
マスコミでは、連日体罰が起きた原因や、JOCに訴えた選手の言葉などを報じていますが、僕は今回の騒動を別の側面から見ていました。それは、スポーツにおける言語技術です。
言語技術というと難しそうですが、簡単に言うと「選手が試合やプレーの目的・背景などを自分の言葉で説明できること」という感じです。
なぜこのような側面で見ていたかというと、体罰の背景には根性論や激励だけではなく、「競技全体として言葉で伝える力の弱さ」を感じたからです。
※ちなみに、僕は体罰肯定論者でも反対論者でもありません。ひとくくりに「体罰」と報じられていますが、セクハラと同じで体罰の受け手がどう考えるかによって変わってくると思うからです。
柔道の試合の後の選手インタビューを思い出してみてください(勝ち負けは関係ありません)。ほとんどが、「努力」にだけ言及したものです。マスコミや視聴者のウケがいいのはたしかに「一生懸命頑張りました」という言葉でしょうが、「根性しか教えてないのか?」という捉え方もできます。
「相手がこう攻めてくるだろうから自分はこういうふうに行こうという戦略があって、それがハマった。だから勝てた。」とか、「このような流れになるのは想定外だったが、このような対処をした」とか、選手自身の考えはほとんど出てきません(もしかしたらあるのかもしれませんが)。
一方で、言語技術を導入した指導に力を入れているサッカーは対照的です。南アフリカW杯の際のインタビューには、
「今回はこういうシステム(陣形)を取りました。早めにプレスしてボールの支配権を握るのがあの相手には有効だと考えたからです。」
のように、選手自身の考えがはっきりと現れていました。指導者の考えかもしれませんが、それを選手が理解して言葉にできる時点で、かなり言語技術が進んでいると思いました。指導者がザッケローニ監督で外国人であるため、なおさら言葉に対しては敏感になるでしょう。日本特有の「なんとなくこうだろう」は通用しません(日本特有の曖昧なまま通じ合う文化は、特に団体競技に大きなプラスをもたらすとは思いますがここでは言及しません)。指導者が外国人であることや、大人数でプレーすることなどの他の要因も多くありますが、サッカーのほうが柔道より言語技術が進んでいるのは明らかです。
おそらく、柔道という競技の世界(特に日本)では、言語を通じた論理的な指導が行われていないのでしょう。監督が、選手同士が、お互いに相手にわかるように指導やアドバイスをおこなっていない。言葉で伝えきれないから、感情先行で根性論ばかりが表に出るようになり、言葉で伝えきれないからつい手が出る。想像でしかありませんが、今回の体罰騒動もこのような流れではないでしょうか。
体罰を交えた指導法では、我慢強さこそ身につきますが、相手がどのような戦略を取ってきて、それに対して自分はどう戦略を立ててどう戦うか、という思考力は身につきません。全く別物だからです。
プレーヤーは選手自身なのだから、選手自身が自身の力で考えることができるように導くのが指導者だと僕は思います。どうしてこの局面でこういうプレーをしたのか、理由や背景はあるのか、などなどを徹底的に考えて選手同士で議論できる素地をつくるための問いかけを行うこと。技術は後からついてきます。
スポーツには、徹底的に考える脳の体力が必要なのです。このことを早く日本のスポーツ界にはわかってもらいたいですね。

ちなみに僕は学生時代からずっとテニスをやっていますが、この言語技術に乏しかったこともあり、「練習プロ」と呼ばれていましたorz(要は、技術は高いけど勝てない人。一応、随分昔にダブルスの日本ランキングポイントは採ったんですけどねぇ・・・)。

Twitterの使い方

Twitterを利用するようになって、Twitterにばかり吐き出していたらこっちが完全におろそかになってしまいました(笑)
反省、というわけではないですが、そのときそのときの思いを吐き出すTwitterの一日のアウトプットを見直し、そこから得られる自分のメッセージを俯瞰してBlogにまとめる、というのをやってみようと思います。

GLOBISの堀義人さんがこの方法を取っており、まねすることで自分の思考プロセスにさらに一貫性をもたせようという意図もあります。後でBLOGに書くことを考えながらつぶやくのはちょっとあべこべじゃないかという意見もあるでしょうが、自分の中の考え方の根底やビジョンのようなものに一貫性があれば、発言内容はぶれないはずです。

僕自身は未熟者のペーペーなので、日々のつぶやきの中に一貫したものとしていないものを見つけ出すことで自分の考え方を変えていこうという考えです。なにせ、僕自身の思考の癖は、「こうだ!」と思った方向に暴走して事故るというものなので、一度時間を置いて俯瞰してみる必要があるんです。自分自身の考えにさらに問いかけを投げる、、まさしくクリティカル・シンキングですね。

さて、昨日から今日にかけてつぶやいていた内容で、考えながらつぶやいたのは・・・サッカー日本代表の躍進についてです。

巷では岡田監督への謝罪をかきたてるような報道が巻き起こっているぐらい、W杯本戦での日本代表の活躍は目を見張るものがありました。その前が悪すぎたからというのもあるでしょうが、これは素直に喜ぶべきでしょう。

が、だからといって謝るとか、メディアは謝罪をしろとか言うのはまたお門違いだと思うのです。日本が勝てるだろうと期待をされていた前哨戦に泥沼の四連敗をし、期待とはぜんぜん違う結果に終わって国民全体のW杯に対する期待値を落としたのは紛れもない事実です。その時点で負けた事には必ず原因があるわけだし、その原因に対する解決策がよくみえずに負けを繰り返したのもまた事実。

事実に対する世論としての日本代表バッシングや岡田監督更迭論というのはしかるべきものだと思います。応援しているチームが、戦略もないような戦い方をして負けを繰り返していたらそりゃバッシングされるでしょう。

問題は、その後いい試合や勝てるようになったからといって手のひらを返したように謝罪をするという風潮が高まっていることです。あの時批判した人たちやメディアは、確固たる根拠に基づいて批判をしていたはず。それを覆すということは自分自身・会社自身の考えの根本をひっくり返すということです。

残念ながら僕はサッカーのことはよくわかりませんし、前哨戦も4連敗したという結果しか知りません。そこまでW杯に興味があったわけでもありません。でも日本代表としての本戦ぐらいは普通に見るわけで、そこで見た日本代表のプレーは戦略も(素人から見たら)しっかりしているし、何をどうやって勝とう(目指すべきベスト4に行くために)と考えているかがよくわかりました。だからこそ激しい攻撃力のオランダにも善戦できたのでしょう。

メディアは今謝っている場合ではありません。「なぜあれだけ負けたのにここに来て躍進できたのか」。ここをクローズアップしてメディアとしての本業を全うすべきでしょう。

久々に走りました(腹メタボ予防・・・)


より大きな地図で ほりけんの地図 を表示

多摩川沿いを久々に走りました。
仕事はいつもどおり19時ごろに終わらせたのですが、ちょっと今週は疲れ気味だったので
ちょっとじめじめしていることもあり、思い切って汗をかいてやろうと帰宅するなり着替えて
家のすぐそばの多摩川河川敷へ。

日も暮れていたし曇り空だったのであまり回りはよく見えませんでしたが
そこは両目2.0の強みを生かして(?)ゆっくりスタート。
ここのところテニスをやる時間もない状態だったので運動自体がものすごい久しぶりで
体操をしっかりやったつもりだったのですが案の定膝はきしむわ、腰は痛いわ(笑)

家を出て多摩川沿いを国道246へ向けて北上。246から折り返して往復約1時間を
ゆっくり走りました。距離にして約8Km。もちろん、走りながら聞くのは講義録!(笑)
本日は運営管理の基礎答練をばっちり復習できました。

膝は痛いわ腰は痛いわでぼろぼろでしたが、これ、かなりいいですね♪
何よりもすっきりします。ゆっくり風呂につかりましたがものすごく気持ちよかったです。

やっぱり疲れているときこそ汗をかいてからだの中を浄化させるに限るなぁ~。

#明日の筋肉痛が心配(笑)

王貞治 ~かっこいいオトコ像~

 

すぽるとで王さんのインタビューが放送されていたので思わず見入ってしまいました。
世界のホームラン王、ジャイアンツの監督、第一回WBC優勝監督・・・。

いろんな立場での王さんがいますが、僕が一番馴染み深いのはホークスの王監督ですね。
2003年に優勝した時のスポーツ新聞はちゃんと保管してあります(笑)

城島やイチローが言うように、
王さんからは単純に「かっこいいオトコのオーラ」が感じられます。
弱小球団と言われ続けた当時のダイエーを常勝軍団まで育て上げ
若手の育成にも力を注いだ。常に謙虚で、常に真正面から取り組む。
理想の上司像じゃないでしょうか。

日々の忙しい生活に追われていると、余計な愚痴が出たり疲れがたまったりと
色々ありますが、そんなときにちょっと王さんのことを思い出してみるようにしよう。

歓喜の瞬間!

 

WBC決勝戦、これほどしびれた瞬間は久しぶりですね。

昨日はアメリカとの因縁の対決を制し、そして今日の相手は宿敵韓国。
今大会実に5度目の対決は最多ではないでしょうか。

2連覇で世界一になったこともすごいですが、アジア野球のすごさを実感した大会でもありました。
韓国は北京オリンピックの覇者。そして日本が今大会優勝。
組織力をフルに使った勝つための野球、ベースボールではないアジア発の野球の強さを
実感しました。

しかし、優勝したそのひだというのにこれだけの数の動画が・・・YouTube恐るべし(笑)

その強さに絶句!

長谷川穂積の防衛戦、初の1RKOでしたが、ものすごい強さでしたね!

実は長谷川選手、以前の試合をみてずっと勝ち続けるだろうな、とは思ってました。
3年半ほど前に僕自身ブログに書いてました(笑)

http://www.horiken.info/archives/2005/09/post-540.html

その時と試合に対する基本的な臨み方は変わっていないように思いますが
どんどん前に出て行く荒々しさと強さがかね備わったように思います。

今回、挑戦者は南アフリカのブシ・マリンガ。WBC世界バンタム級の1位。
1Rの出だしで挑戦者のジャブがかなり当たっていたので長引くかな、と思ったのですが
長谷川選手は1分ぐらい経ったところでジャブをかわし始めたと思ったところで
狙い済ましたような左ストレート。。。

スローで見てはじめて気づいたのですが、挑戦者の動きをびっくりするぐらい見てますね。
相手が隙を見せるのをじーっと待つ獣の目のような感じでした。

そして挑戦者のジャブが少し外れたところ、がら空きの顔面に左ストレート。

ここまでくると芸術ですわ。

パワーとスピードのアツい試合も面白いけど、こんな超戦略的な試合も見てて面白いですね。
(勉強になる(笑))

シビレタ!上村愛子世界選手権優勝

スポーツ見てて久々に鳥肌が立ちました!

モーグルの上村愛子選手が世界選手権で優勝しました。あっぱれ!

フリースタイルスキーの世界選手権第5日は7日、福島県猪苗代町のリステルスキーファンタジアで男女モーグルが行われ、女子の上村(うえむら)愛子(29)=北野建設=がスピード感あふれる滑りで初優勝を果たした。
この大会での日本選手の優勝は全種目を通じて初。

全日本スキー連盟は3位以上を来年2月のバンクーバー冬季五輪の代表に内定すると決めており、上村は全競技を通じて日本選手で初めて五輪切符をつかんだ。98年長野から4大会連続の五輪出場となる。

<上村愛子の話>
「大きな大会で予選も決勝もいい滑りをするのが課題だったので、それができてうれしい。泣きそうになりました。攻めきった滑りができた。1年後の五輪でも、また、同じ気持ちで頑張りたい」

思い返せば、10年ちょっと前の長野オリンピック。
当時高校生だった彼女は、スキーの腕前と同じくらいその容姿にも注目され
メディアから大きく取り上げられていました。

そんなところに注目されるのを特に気にかけることもなく
10年以上の歳月をかけて少しずつ少しずつ力をつけ、そして世界のトップまで上り詰めた。
それは彼女がモーグルで世界の頂点に上り詰めるという確固たる意思とゴールイメージを持っていたからだと思います。

スポーツ選手としての実力にキャラクターや容姿も加わることで有名になることでメディアから大きく取り上げられ、自分自身の意思の揺らぎなどで、もはや「あの人は今!?」的な存在になった人はたくさんいるでしょう。
(スポーツ番組で過去のオリンピックの映像とかを見るとよくわかる・・・)

誘惑、とまでは言いませんが、世界のトップアスリートでさえもメディアに踊らされて自分自身を見失ってしまうというこの時代に、少しずつ地道に自分の道を信じてじっくり時間をかけて自分自身を鍛え上げ、そして世界の頂点に上り詰めた上村愛子選手の強さはすごいという言葉一言では言い表せないほどの力を感じました。

そして、自分の信じる道を回り道しながらでも進んでいく勇気みたいなものをもらいました♪

 

【テニス漫画】ベイビーステップ

ベイビーステップ 5 (5) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ 5 (5) (少年マガジンコミックス) 勝木 光

講談社 2008-10-17
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star目で制する

Amazonで詳しく見る by G-Tools

最近少年マガジン上で↑のテニス漫画が連載されているのを知っている人います?
単行本は5巻までというまだ駆け出しの作品で、終わりのほうに載っているので
全部の中での人気はもしかしたら下のほうかもしれませんが・・・

この漫画、すごいです。少なくともテニスをやっている人、特に競技者としてやっている人は
絶対に読んだほうがいいです!マジで。

この作品、今まで運動はほとんどやったことが無いけど、超マメな性格を駆使した
ノート術で勉強は群を抜いているという少年が、ちょっとしたきっかけでテニスに
はまっていく、というまぁよくある設定ではあります。

ではこの漫画の何がすごいか?それは

「初心者だけでなく、上級者にも『どうやったらテニスがうまくなれるか』を
 分かりやすく書いてある」

ことです。
テニスというスポーツがどういうスポーツか、そしてボールを効率的に飛ばすには
どうすればいいか、どういう練習をすれば効果的に上達するか、
試合とはどんな流れで行われるのか、
そして、試合に勝つにはフィジカル・メンタル面でどのように自分をコントロールするか・・・

これが、漫画のストーリーにあわせて分かりやすくしかも的確に書いてあります。
このストーリー考えた人、相当頭いい人だろうな、と思いました。

「テニスって面白そうじゃね?」って思わせて一気にブームを作った「テニスの王子様」とは
一線を画す作品かもしれませんが、読む視点を変えてみると
この漫画のすごさが分かると思います。

最近勉強でテニスがおろそかになっているおいらですが、
この漫画でイメージトレーニングをば・・・(笑)

夏満喫

東京湾花火
昼から荒川まで出かけて、アルティメットなるスポーツをやってきました。
なんじゃ?総合格闘技か?とお思いの方、違います(笑)
アルティメットとは、フリスビーフットボールとも呼ばれるもので
簡単に言うとアメリカンフットボールのボールをディスクに変えたようなもの。
“フリスビー競技の中でもっとも激しいこと”からULTIMATEと呼ばれるようになったとか。
フリスビーといってバカにするなかれ。ディスクの飛ぶ方向や着地点が読めないだけに
ポジショニングや戦略がものをいうとってもクリエイティブなスポーツです。
コートの中を走りっぱなしなので、簡易版で5点先取マッチだったんですが終わるころにはヘロヘロです。
テニスやってくるくせに体力にはあまり自信が無かったのであっという間にばててしまいました(笑)
が、新しい発見もたくさんありました。もう一度やってみたいと思います。
銭湯で汗を流した後は、勝どきまで足を伸ばして東京湾花火見物♪
先遣で場所取りに言ってくれた友人のおかげで、真正面のすばらしい場所で絶好の花火を見ることができました。
暑くてけだるいので実は夏はあまり好きではないのですが、夏らしいことをやってるととっても楽しいもんですね♪
さて、来週は夏休み。特に予定は無いのですが、フラット写真撮影のたびにでも行ってこようかと思います。

ホットヨガ初体験♪

友人の誘いでホットヨガに行って来ました!
38℃、湿度65%の室内でひたすらいろんなポーズをやるだけといえばやるだけなのですが・・・
これぁキツイ!そこそこテンポは早いし、ポーズはなかなかきついしでもう終わった後はへろへろでした(笑)
僕は椎間板ヘルニアでもあり、整体でも「筋肉がとても硬い」という指摘をもらっているので
ヨガをやることで
・全身の筋肉が緩む
・背筋が伸びる
結果、腰痛も治るし肩こりも減るんじゃなかろうかということで早速入会しました♪
ボディバランスが良くなる → テニスでどんな体制でもボールが打てるようになる
筋肉が柔らかくなる    → アカペラで楽に響く声が出せるようになる
と、勝手にメリットがあると思い込んでいるだけっちゃだけなんですがね・・・
来週も行ってみようと思います。

YOGA~ミュージック・フォー・ピースフル・マインド ヨガワークス ヨガマットエコ3.5mm ヨガパンツスウェード総レースパンツ 『ピラティスDVD』 プレミアボディ vol.2